セラピストがアロマの資格を取ることによるメリットは?

アロマの仕事

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

アロマセラピストとして開業するにあたり、必ず資格を取らなければならないわけではありませんので、ある意味、名乗ったその日からアロマセラピストになれるのは事実ですが、その多くがアロマセラピストとしての経歴に記すことのできる資格取得に勤しんでいるのが実際のところです。

その理由は大きく分けて2つあり、まず一つ目が新規顧客獲得のため、もう一方が事業多角化のため、といえるでしょう。

誰でも名乗ったその日からアロマセラピストとなれることに加え、情報発信も容易となった今日、アロマセラピーのお店をオープンさせている人はかなり多くなっており、そのほとんどが自宅を少し改装してプライベートサロン的な展開を図っています。

 

このため、それぞれのお店はなかなか大々的な広告を打てるはずもなく、ホームページ上やSNSで新規顧客の開拓を狙っているわけですが、そこに保有する資格を書けるかどうかが後の集客力に大きく影響してきます。

 

新規顧客の足を向けさせるには、それらネット媒体を通じて信頼を得なければなりません。そこで、ネット媒体がどのようなものであるか再確認してみると文字と画像に他ならず、その文字部分に資格を書くことができれば、それだけで差別化が図れるとともに見込客からの信頼を得やすいといえるのです。

そして、事業の幅を拡げることで、ビジネスリスクの分散とサロンへの集客の両方を叶えることができます。サロンをオープンしてもなかなか客足が伸びないとき、そのまま待っているより何らかのアクションを起こしたほうがいいのは当然であり、その一つがスクールの実施となります。

 

スクールを開催し、そこに集まってくれた人々にアロマセラピーについて教えていくことで実利も得られますし、後の集客へ繋げていくこともできるでしょう。これらの狙いを持ってスクールを実施するならば、必ず必要となるのが何らかの資格なのです。よほど個人的に魅力あふれる人物として周囲に認知されていない限り、資格の有無はそのままスクールを主催する人物の信頼へと結び付いていきます。

 

つまり、世間の人々が先生であると認識できる裏付けを得るのが資格取得であるといえるのです。

上でも触れているよう、誰もが情報発信できるからこそ、何の裏付けもない人物がいい加減な施術やスクールを告知・集客できるわけですから、それらの人物と明確な線引きを認識してもらうためにも資格取得はかなり意味のあるものといえるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。