アロマテラピーの資格は?どんなものがある?

アロマの仕事

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

 

アロマセラピストの資格としては、民間団体がそれぞれの主流となるテーマに沿って協会を設立し、認定資格を出しています。複数の協会がありますが、その依ってたつ理念や理念に基づく活動、そして組織力には大きな違いがあります。

アロマセラピストとしての勉強をして資格をとるということは、アロマテラピーの基礎&応用知識が備わることやアロマセラピストとして研鑽を重ねていることの客観的な証明となりますので、お客さんにとってはお店選びの基準のひとつとなっていくことでしょう。

 

以下では、代表的なアロマ協会とそこが管轄している主な資格をご紹介していきます。どのようなスキルを身につけたいのかによって勉強する内容も取得すべき資格も変わってきますので、事前に資格の内容を入念に調べることをおススメします。

 

☆NARD JAPAN ナード・ジャパンアロマテラピー協会(NARD)

アロマアドバイザー

アロマインストラクター

アロマトレーナー

アロマセラピスト

 

☆日本アロマ環境協会(AEAJ)

アロマテラピー検定

アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーインストラクター

アロマセラピスト

 

☆日本アロマコーディネーター協会(JAA)

アロマコーディネーター

インストラクター

 

以上がアロマを仕事にするために有用であると考えられる代表的な資格です。

 

 

 

 

アロマを仕事にする場合、資格取得をしていなくとも法的に触れることはありませんので、誰であっても名乗ればその日から仕事として活動することができます。

しかし、資格の有無はプロフェッショナルとしての信用を表すものと同意であり、新規顧客の獲得を大きく左右するといっても過言ではありません。

 

 

例えば、ある人がアロマテラピーを受けようと自宅周辺のサロンを探してみたところ、A店とB店のホームページを見つけたとします。どちらのホームページにも魅力的な文言が並んでいますが、A店のものにはセラピストプロフィールが載っており、各種資格取得状況がPRされていますが、B店にそれらのような記述がなかったとします。

このようなとき、きっと大半の人がA店へと足を向けるでしょう。その理由は資格を取得しているからに他ならず、確かな施術を受けられる可能性が高いと判断されるためです。

アロマに限らず、資格とは専門知識を有しているかどうかの対外的な証明という意味合いを持っています。国家資格と民間資格の違いは、取得を法的に定めているかどうかだけの違いです。資格本来の持つ意味合いを考えれば、しっかりとした理念のもとに活動している協会資格を取得しておくべきという結論に導かれるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。