アロマセラピストとしての働き方とは?

アロマの仕事

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

アロマセラピストとして働くには、アロマセラリーと聞いてすぐに連想される働き方だけでなく、意外な場所でも活躍できるようになっています。

以下では、アロマセラピストとして働くにはどのような働き方があるのかをご紹介していきたいと思います。

アロマセラピーサロン

アロマセラピストの職場としてもっともイメージされやすいのがサロンです。来店するお客さんそれぞれの抱える心身の悩みを解消できるよう、一人ひとりに適したアロマオイルを選定し、リラクゼーションを皆さまへと提供していきます。

お店によってエステメニューやリンパトリートメント、リフレクソロジーなどを組み合わせているほか、独立した店舗やフランチャイズ系、ホテルや旅館および複合施設の内部で活動するなど、サービス提供のスタイルが異なっていることが多いのも特徴的です。

アロマセラピーショップ

皆さまがそうだったように、アロマに興味を持つ人々はより自分にピッタリのものを求めるようになります。

そのようなお客さんへおススメできる精油や器具、ハーブ関連グッズなどをアドバイスするのが、アロマセラピーショップで働くアロマセラピストの仕事です。

商品選びのポイントや、自宅でのセルフケア方法などを伝えたりもするため、人と接するのが好きであればかなり愉しめる仕事といえます。

各種企業・施設

アロマには香りだけでなく効能・作用がそれぞれあるのはご存知の通りですが、それらに各種企業が着目しているのです。

リラックスできる香りであれば、病院をはじめとする医療施設が求めていますし、楽しい気分となる香りであれば、アミューズメント施設やショッピング施設が求めており、それらの香りの効果でより大きな付加価値を来訪者に感じてもらえるよう、アロマセラピストの技術と知識が要されるため、各種企業・各種施設にて香りの担当者として働くことができます。

講師、インストラクター

アロマセラピストとして持っている知識や技術を誰かに教える仕事であり、リラクゼーション系の専門学校やスクールを主としながら活躍していきます。情報発信が容易となった今日では、個人で教室を開いて生徒を募集するのも難しくないため、より活躍の場が広がっているといえます。

これまでご紹介してきたのは、アロマセラピストとしての働き方のほんの一部に過ぎません。人間の嗅覚に訴えかける技術と知識を持つアロマセラピストの働き方は応用が利きや

すく、アイデア次第ではどこでも働くことができるといっても過言ではないでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。