アロマを使ってセラピストとして開業をするには?

アロマの仕事

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

「セラピストとしての開業」は、「自分自身の価値観とめざす理想」に向かって行動できるという大きなやりがいがあります!

自分の目指す理想実現に向けて、さまざまな作戦を立てましょう。

その一つが集客です。

未経験からの開業はもちろん、アロマセラピストとしてサロンで経験を積んだ人であっても、新規顧客の獲得には苦戦するものです。これはアロマセラピストに限ったことではありませんが、事業主ならではの悩みも生まれてくることでしょう。ここでくじけるのはくやしいですよね。事業主ならではの悩みをバネに、しっかり踏ん張っていきたいものです!

 

 

簡単な数字の話となりますが、アロマセラピストとして個人事業主の形態をとったとき、店総売り上げ=収入となり、その年間分が年収といった取り扱いとなるため、多くの人が年収アップ実現が可能となります。

 

 

また、ここに支出を加味しましょう。支出としましては、アロマセラピストとして施術を提供するための、エッセンシャルオイルをはじめとする消耗品、マッサージベッドや内装などの設備投資、集客のための広告宣伝費も大切な支出ですね。エッセンシャルオイル購入等のランニングコストも予定に入れておきましょう。

 

開業と同時に、集客方法も知恵をしぼりたいものです。タウン情報紙掲載やネットでの広告宣伝もおすすめの方法です。

 

 

サロンで働いている中で、独立への手応えを感じてアロマセラピストとして独立開業した場合、集客方法の一つとして、そのサロンで指名を受けていたお客様を自分のお客様として持っていきたい気持ちになるかもしれませんね。

一番身近な見込み客だけに声をかけやすいのでしょうが、アロマをお仕事としている人自体はそれほど多くないため、地域を絞ればとても狭い業界となってしまいますので、無用なトラブルとならないようフェアな振る舞いに徹したほうが、先々にとってより良い環境となっていくでしょう。以前の勤め先のお客様は、そのサロンのお客様であって、あなたのお客様ではないことを、肝に銘じることです。

 

あくまでも、自分の技と知識で攻めましょう!

アロマセラピーをより多くの人々へ届けようと開業するにあたっては、“セラピスト”という言葉より、資格か何らかの認定を受けなければならないような気持ちになりますが、アロマセラピストは国家資格ではなく、民間企業・団体が独自の資格を設けているだけですので、必ず資格を取得しなければならないわけではありません。

しかし、開業するのであれば、これらの資格を取得しておくことは“○○認定セラピスト”という肩書きをしようできるなど、集客におけるメリットとなっていきます。

 

アロマテラピーをより多くの人々へ届けようと開業するにあたっては、必ず資格を取得しなければならないわけではありません。

しかし、開業するのであれば、人の役に立つセラピストになることが必須ですので、しっかりとしたアロマ知識と技を勉強することが成功への近道となります。また勉強した結果の資格取得は“○○認定アロマセラピスト”という肩書きを使用できるなど、集客におけるメリットとなっていきます。

何よりも、資格は、肩書きとなるばかりでなく、その人の実力の目安=信用となるものなのです!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。