アロマセラピストとはどんな仕事

アロマの仕事

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

アロマテラピーという言葉を聞いてどんな言葉を思い浮かべますか?
なんとなく癒されそう。香りが良さそうと思うでしょうか。
雑誌などでも取り上げられたりして、現在人気のアロマテラピー。

アロマセラピストになりたいという人も多いのではないかと思います。

しかし、どんなことをしたらなれるのか、どんなお仕事なのかわからないという方もいらっしゃると思います。

今は芳香剤や、柔軟剤にもアロマという言葉が使われています。
しかし、ここでいう「アロマ」というのは合成香料も含んでいます。

合成香料とは違い、アロマテラピーで使われる香りの液体つまり精油は、100%植物から抽出した芳香分子の集合体であるエッセンシャルオイル(精油)のことです。
今は、スピリチュアルアロマ、メディカルアロマなどという言葉もでています。

しかし、古代からずっと、単なる癒しだけではなく、メディカルな側面で精油を使用してきてもいます。植物のもつ力を借りて、心や体の不調を和らげる作用が精油にはあるのです。

植物のもつ力を借りて、心や体の不調を和らげる作用もあるのです。
精油の特徴のひとつに、精油は植物の香り成分を抽出して凝縮したものであるため、成分のパワーが強すぎたり、使用濃度によっては肌に刺激があったりする場合があります。
こういったことも含めて、きちんと取り入れると体調の助けになる精油を正しく使うためのアドバイスをすることも、アロマセラピストの仕事といえるでしょう。

アロマセラピストを職業として行なうには

自宅でサロンを開いてトリートメントを中心に行ったり、精油をとりあつかっているお店に勤務しお客様にアドバイスをしたり、アロマ講師になったり、また最近では、医療の現場に就職するなどの選択もあります。

医療の現場でのアロマテラピー導入は、一見まだあまり普及していないように見えますが、アロマセラピストの熱い情熱のもと、着々と進んでいると言えます。メディカルアロマは患者様のメンタルケアとしても、今後ますます広がっていくでしょう。

アロマセラピストになるには、アロマの基礎から応用まで学んで資格をとる方法があります。資格としての信頼度が高い協会は、NARD協会、AEAJ協会、JAA協会といった協会があります。

アロマセラピストとして仕事をしたいと思う人は、まずはしっかり学んでみてはどうでしょうか。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。