人を癒やすアロマセラピストを目指してみよう。

アロマの仕事

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

アロマセラピストとは、ハーブなどの芳香植物から抽出した精油(香りの分子の集合体)を使用した、自然療法をおこなう人を指します。一般的には、精油をブレンドしたオイルで、アロマオイルトリートメントを行なう人を指すことが多いです。

国家資格としてはありませんが、実際に職業としてアロマセラピストになろうとする場合は精油への深い理解と正しい知識やあるいは人体への作用などの生理学に関しての勉強も必要とされます。

 

マッサージオイル

では、アロマセラピストを仕事として行うにはどうしたらよいのでしょうか。

自分で集客をして、お客様のお宅に出張というかたちで出向き、施術を行なうという仕事の方法もありますが、まずは美容サロンやホテルなどの施設のスタッフとして働くことが望ましいでしょう。
仕事としてアロマセラピーを行うならば、まずはみっちり勉強をして信頼度の高い実力と資格を取得することがお客様から仕事を依頼していただく一つの方法となります。

 

 

アロマセラピストの資格としては、
例えば、NARDJAPAN協会(NARD)、日本アロマ環境協会(AEAJ)や日本アロマコーディネーター協会(JAA)といった団体の資格が実力・信頼度ともに高く、これらの協会の有資格者は活躍の場が広がります。
住まいが遠方の方や多忙な方は、通信講座での知識や手技の習得といった方法もあります。

アロマセラピストは資質的には女性に向いている仕事でもあり、女性に人気の資格でもあります。病院などの医療施設でもアロマセラピーを取りいれることも増えており、これからも需要は増えていくでしょう。

アロマセラピストは女性には人気の資格で、病院などの医療施設でもアロマセラピーが取り組まれることも増えており、これからも需要は減ることはないでしょう。
このお仕事に興味を持たれた方は是非、人々の癒やしとなるアロマセラピストを目指してみましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。