イライラやストレスに効果のあるアロマオイルとは?

アロマを学ぶ

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

心と体はつながっています。

ストレスやイライラは体の健康を害してしまう原因となってしまいます。

でも、なかなか気分を変えるのが難しいことも多いですよね。

そんな時、アロマの力を借りると心強いです。

今回は、ストレス・イライラにおすすめしたいアロマオイル(精油)の解説をしていきます。

ストレス・イライラにおすすめのアロマオイル(精油)

ベルガモット

ベルガモットはイライラや不安の緩和効果が期待できる代表的なアロマオイルです。

ベルガモットに含まれる主な成分はd-リモネン、酢酸リナリル、リナロール。
ストレスや心配、落ち込みな心に働きかけ、穏やかな気持ちにしてくれると言われています。

精神的なストレスや精神疲労に効果があると言われています。

 

ベルガモット精油はどんな香り?
ベルガモットの皮を圧搾して得られるのがベルガモットのアロマオイル(精油)です。

柑橘系のフレッシュさにやや甘みをプラスした上品な香りで、男女問わず好まれる人気の香りです。

フローラルノートも持ち合わせているので、華やかな印象も与えてくれます。

また、多くのアロマオイルと相性がよく、ブレンドも楽しみやすいアロマオイル(精油)のひとつです。

また、ベルガモットに含まれるd-リモネンはストレスからくる胃や腸の痛みを和らげてくれると言われており、まさにストレスにさらされやすい現代人のためのアロマオイル(精油)と言えるでしょう。

ゼラニウム

ゼラニウムはほのかにバラに似た香りを持つアロマオイル(精油)です。

女性ホルモンを整えてくれる働きがあり、
生理前の不快感、更年期のトラブルなど、女性特有の悩みに役立ちます。

生理痛や生理不順を緩和するアロマオイルについては下記記事を参考にしてください。
生理痛を和らげるオススメのアロマと使い方

そのような働きから、ストレスによって引き起こされる様々な不調の緩和が期待できます。
ゼラニウムには心と体のバランスを調整し、安定させてくれると言われています。
まさに女性の味方ともいえるアロマオイル(精油)ですね。

イランイラン


イランイランは気分をアップさせ、ストレスから解放してくれるといわれています。

深いリラックス、心の高ぶりを鎮めてくれます。

また、ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあり、女性特有の不調にも良いとされています。

ラベンダー


ラベンダーは心と身体をリラックスさせ、安眠を促す、万能なアロマオイル(精油)として有名ですね。

ラベンダーには、酢酸リナリルとリナロールが含まれていて、精神を安定させる働きのある脳内のセロトニンの分泌を促すと言われています。
心を落ち着かせたい時や、ストレスから離れ、平穏でゆったりしたい時にぴったりです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。