アロマオイル(精油)の作り方、どうやって抽出してるの?【自宅でも作れる?!】

エッセンシャルオイル
アロマを学ぶ

松江先生
この記事の監修 松江 朋子
NARD-JAPAN認定アロマインストラクター/NARD-JAPAN認定アロマトレーナー/JAA認定アロマインストラクター/
NHAホリスティックハーブアドバイザー[PAH]/NHAホリスティックハーブインストラクター[PIH]/NHAハーバルフードオーガナイザー[HFO] 公益社団法人 日本アロマ環境協会法人正会員

アロマオイル(精油)は、花や果実など、植物から抽出されます。

さて、どのように抽出されているのでしょうか?自宅でアロマオイル(精油)を作れるのでしょうか。

この記事では、そんな疑問にお答えして解説をしていきます。

3つの抽出方法

アロマオイル(精油)の抽出方法は、大きく3つに分けることができます。


  • 水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)
  • 溶剤抽出法(ようざいちゅうしゅつほう)
  • 圧搾法(あっさくほう)

水蒸気蒸留法は、水蒸気の熱によって成分を気化させ、アロマオイル(精油)を溜める方法です。
自宅でも安価な道具で行うことができます。

溶剤抽出法は、溶剤を使い成分を出す方法です。

圧搾法は、搾り取る方法。
主に果実系のアロマオイル(精油)を抽出するのに使われます。

原料となる植物の特徴によって、どの方法が良いか判断されます。
例えば、水に溶けやすい・熱に弱いなどの特徴です。
また、同じ植物でも抽出方法によって香りが違ってきます。

それでは、ひとつひとつを詳しくみていきましょう。

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)は最も簡単で、自宅でもできる抽出方法です。
簡単にいうと、植物を蒸してアロマオイル(精油)を出す方法です。

  1. 植物を蒸留釜に入れる。
  2. 蒸気を当てて蒸すと、芳香成分を含んだ水蒸気が発生する。
  3. 芳香成分を含んだ水蒸気(気体)を冷やして、芳香成分を含んだ液体にする。

と、これだけのステップでアロマオイル(精油)が完成します。

水蒸気蒸留法の図解

水蒸気によってたまった液体のすべてがアロマオイル(精油)なのではなく、2つに分離します。

上のほうは濃度の濃いアロマオイル(精油)で、下のほうにはフローラルウォーターが溜まります。

フローラルウォーターはアロマオイル(精油)のように高濃度ではありませんが、微妙に芳香成分が溶け込んでいます。

フローラルウォーターは化粧品などに利用されます。

水

自宅での蒸留

さて、自宅をアロマオイル(精油)を作るためには蒸留器が必要です。

といっても大掛かりな蒸留器ではなく、自宅用に売られている市販のもので十分です。

7,000円~20,000円で購入することができます。

溶剤抽出法

上で解説した水蒸気蒸留法で扱えない植物は、溶剤抽出法(ようざいちゅうしゅつほう)を使います。

熱や水分、圧力によって成分が壊れてしまうとてもデリケートな植物があるのです。

そうした植物は、水蒸気蒸留法ではなく、溶剤抽出法を使います。

石油エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどの溶剤と植物を一緒に溶剤釜に入れると、アロマオイル(精油)の成分が植物から出てきて固まります。

この塊を、コンクリートと呼びます。

メチルアルコールを使い分離させ、アルコールを蒸発させるとアロマオイル(精油)となります。

溶剤抽出法で抽出されたアロマオイル(精油)はアブソリュートと呼ばれます。

溶剤抽出法はとっても手間のかかる方法で、ジャスミンやローズなどの花から抽出される高価なアロマオイル(精油)が多いのが特徴です。
薔薇

また、アロマオイル(精油)とともに他の植物成分も抽出できるため、同じ原材料によるアロマでも水蒸気蒸留法よりもアブソリュートのほうがより植物の香りに近い場合があるとされています。

圧搾法

圧搾法(あっさくほう)は柑橘系の果皮からアロマオイル(精油)を抽出する際に使われます。
名前からイメージされる通り、絞り取るやり方です。

オレンジの皮を手で絞ると液が出てきますね、昔は手で圧搾してスポンジに吸わせてアロマオイル(精油)を取っていました。

現在は遠心分離器やローラーで圧搾をしています。

圧搾法の図解

熱や水を加えないため、自然な状態で抽出することができますが、不純物も多く含まれるため劣化も早いです。

まとめ

それぞれのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

水蒸気蒸留法
・安価な道具で可能。
・自宅でも楽しみやすい。
・熱や水で成分が損なわれやすいため、原料の種類によっては使えない。

溶剤抽出法
・成分を損なわず抽出できる。
・手間がかかり、高価。

圧搾法
・植物本来の香りが楽しめる。
・不純物も多いため、劣化が早い。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。